妊娠中の体重管理にダイエットサプリを活用

妊婦さんの体重の管理って大変ですよね?そんな妊婦さんの体重管理にオススメのサプリ情報をお届け!

Author Archive

妊娠がわかり赤ちゃんの存在が確認できると、女性の体は大きく変化をしながらお腹の中で赤ちゃんを育てていくようになります。
その過程で、体重の増加や必要になる栄養素などを考えると、ダイエットサプリや、体に良い栄養素を含んでいるサプリにも関心が高まります。
妊娠中の母体にも良いといわれているサプリメントはどのようなものがあるのでしょうか。

ユーグレナとは?

1回くらいは耳にしたことがあるユーグレナは、実はミドリムシのことで、美容や健康に関心の高い女性の間ではすでにご存じの方も多くいます。
ユーグレナは妊活中を始め、妊娠中、授乳中にも良い影響があり、特に葉酸やビタミンB12が豊富だということで注目を集めています。

葉酸は厚生労働省でも神経管閉鎖生涯の発症リスクを下げるために情報提供を行っていて、妊活中や妊娠中の女性には積極的に葉酸の摂取を呼び掛けています。
またビタミンB12はその葉酸の働きを高めるビタミンとして注目されており、一緒に摂取することが望ましいものです。

こうした栄養成分がすべて詰まっているのがユーグレナです。
原始生物としてのミドリムシですが、近年は食品やバイオ燃料などさまざまな分野で開発が進み、スーパーフードとしても注目されています。

そもそもが藻類の一種で、ユーグレナだけでも生きていけるといわれているほどの栄養分があります。

ユーグレナのダイエット効果とは?

ユーグレナには高い安全性とダイエット効果があります。
豊富に食物繊維が含まれているほかにパラミノンというユーグレナ独自の血中脂肪を吸着する成分があります。
これは余った脂肪が蓄えられる前に吸着してエネルギーとして消費しようとするもので、血中の中性脂肪を減らすことにつながります。

メタボの予防にも効果があり、知る人ぞ知るダイエットサプリです。
妊娠中のダイエットサプリとしても使用できる安全性の高いものです。

妊娠中に安全に摂取できるサプリメントについては妊婦と薬情報センターこちらにも詳しく解説しています。

妊娠しているときのダイエットサプリというキーワードだけでサプリメントで痩せようと思うと、実際にはなかなか酵素ドリンク以外のものが出てきません。
酵素ドリンクは確かに安全で良いんだけど、少し高くて手が出ないこともあります。
そんなときにプチダイエットにもなるものとして、母体にも赤ちゃんにも効果的なものが青汁です。

青汁をジュースと置き換えるだけでもOK

青汁には粉末、液体、錠剤などがあり、自分の好きな状態のものを摂取できます。
一般的に液体は美味しくないことで知られているので、錠剤を好む方もいます。
どのようなスタイルで摂取するとしても、青汁全般は、ビタミンやミネラルが豊富で、食物繊維や葉酸、鉄分、カルシウムも目立って豊富です。

妊娠中の母体とお腹の赤ちゃんには必要な栄養分がたっぷり含まれているので、普段のジュースを青汁に置き換えるだけでもカロリーカットと必要な栄養分の補助に役立ちます。
また青汁は粉末のものを豆乳や牛乳で飲むこともできます。
味を変えたり、普段はなかなか飲まない豆乳や牛乳を飲むためにも役立ちます。

青汁ダイエットとまではいかない

朝食を青汁に置き換えるダイエットというものがありますが、妊娠中は少し控えた方が良いようです。
やはり青汁は栄養が豊富ですが、青汁が食事1食分の栄養を補えるかというと、そこは少々頼りないからです。
お腹の赤ちゃんのための栄養を考えるなら、青汁は補助食品として考える方が良いでしょう。

暑い時期などであれば麦茶の代わりに冷やした青汁、涼しい時期なら少し温めて飲むなど工夫次第では楽しめるといえます。
また粉末タイプなら手作りケーキに混ぜたり、ヨーグルトに混ぜたり、混ぜる系の調理ができます。

こうした妊娠中のダイエットサプリについては様々なダイエットサプリ紹介サイトや妊婦さん向けの情報サイト等でも詳しく紹介しています。
じっくりと読んでいろいろなダイエットサプリについて見てみてください。

妊娠して初めて気づく方も多いのが、妊娠中は薬やサプリメントを自己判断では飲めないということです。
それはあくまでもお腹の赤ちゃんへの影響が心配されるためで、決して大げさなことではないのですが、薬となると理解できても、サプリとなると健康食品なんだからいいんじゃないの?と思うこともあります。

妊娠中のダイエットサプリは、本当はどうしたらいいのでしょうか?

妊娠中の食品は安全第一で選ぶ

妊娠すると、どの妊婦さんでも必ず薬やサプリに関しては自己判断ではいけないという指示がでます。
これはすべてが赤ちゃんへの影響を考えてのことで、成分や飲む時期によっては赤ちゃんの奇形や先天性異常などを引き起こす可能性があるからです。

そういったものがないと安全を保障されているなら良いでしょうが、たとえサプリメントでもダイエットを謳ったものは少なからず母体が体調不良となる可能性があり、妊娠中は控える方が良いものもたくさんあります。

医薬品と健康食品という決定的な違いがあり、効果やリスクも違いますが、母体も赤ちゃんも何か会ってからでは遅いし、体調不良の末入院が必要などとなれば大問題です。
必ずしもそうなるとは限りませんが、万一を考えて安全性を第一にして考えることが必要です。

ダイエットサプリでも服用するときはドクターの許可をもらおう

妊娠しているときでも安全に飲めるというダイエットサプリがあったとしても、必ずドクターの許可をもらってから使うようにしましょう。
ドクターが許可をするということによって安全性が高く認められているということになり、不安の解消にもつながります。

何よりサプリは健康食品だから大丈夫でしょ?と自己判断をしてトラブルがあったときが一番怖いといえます。
母体は人の命を預かっていることを忘れないで行動することが必要です。

こうした妊娠中の薬やサプリについては厚生労働省でも情報公開をしています。
参考にしてほしいです。

妊娠して赤ちゃんが少しずつ大きくなってくると、多くの妊婦さんが経験するのが便秘です。
妊娠するまで便秘を経験したことがない人でも、生まれて初めての便秘で苦しみます。
便秘になる理由は人それぞれで、妊娠したことも大きく関係しているのですが、場合によっては下剤が飲めなくて、食事の調整をしても改善なし、運動したくても制限があって思うようにできない、といったように八方ふさがりになることもあります。

妊娠中は腸内環境系サプリが良い

妊娠中は食事を減らすような制限は基本的にNGです。
栄養バランスよく食べようという指導があるので、必ず排便が付きまといます。
食べる一方で出ないとなると本当に苦しくて、ふっくらしたお腹の中身は赤ちゃんとどっちの割合が多いのだろうと思うこともあります。

やはり下剤で出すのはその後のお通じのことを考えてもよくありません。
そうなると腸内環境を整えるために乳酸菌のダイエットサプリを考える方もいます。
しかし、乳酸菌サプリというのは人によってはアレルギーがあり、思うように飲めない方もいます。

そこで注目したいのがオリゴ糖サプリです。
オリゴ糖とは、簡単に言えば腸内環境を整える善玉菌のエサになるものです。
乳酸菌の方がいいんじゃないかと思う人もいますが、乳酸菌が生きて腸まで届く可能性が低いことやアレルギーがあることを考えると善玉菌がエサを食べて増える方が現実的になります。

オリゴ糖も種類豊富なダイエットサプリがいい

乳酸菌が好むオリゴ糖は実はいろいろな種類があります。
乳酸菌が好みのオリゴ糖のすべてを届けることは難しいですが、摂取するオリゴ糖の種類が豊富なら多くの乳酸菌をカバーします。
ダイエットサプリとしてオリゴ糖を飲むなら、できるだけ種類豊富なものを選ぶようにしましょう。

妊娠中のダイエットについて基本となる情報からさまざまなことまで、当サイト妊娠中の体重管理にダイエットサプリを活用で解説していますので目を通しておいてください。

Copyright © 妊娠中の体重管理にダイエットサプリを活用.